スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説と音楽と時々イラスト①

お疲れ様です。折草ですが、みなさんどうですか。

さて、先日例大祭14が終わりまして、前日当日含めてたくさんの人とお会いすることができて、僕としては楽しい思い出が作れて満足の限りです。途中、連れのもやし君にアクシデントがあったりして、めでたく音屋・ゲーム屋の方々から「ゴミクズ」の称号を得ていましたが、まぁ些細なことです。

前夜祭に参加したみなさん、当日スペースに足を運んでくれた皆さん、スペースに伺ったとき、温かく対応してくれた皆さん、打ち上げでお会いした皆さん。そしてその他多くのご助力を頂きました皆さんに、心から感謝を。





さて。次はおそらく紅楼夢での参加になるかと思うので、それに備えて今日から2・3の記事を書いていこうかとおもっています。
題して、「小説と音楽と時々イラスト」です。
今回は①ということで、主に小説について書いていこうと思います。もちろん、時々ほかのジャンルにも触れていきます。

さぁ、小説ですよ、小説。
僕は実は小説書きなんです。皆さん知ってました? BBQでツマミ作る人じゃないんですよ?

では、小説書きと言いながら、お前の小説よく知らねぇけど、どんなの書くのよ、って方のために、ざっくり今までの経歴とか含めて確認してみましょう。自分語りになりますが、「読んでやるよ仕方ねぇな」って方はお付き合いください。




結論からざっくり言うと、折草深色という小説書きは
ゆるふわポジティブメリバ系小説」を得意としているようです。

説明しよう! ゆるふわポジティブメリバ小説とは!

ゆるふわした文体で読者を騙しながら主人公たちはポジティブに話を終了させるのだが実はよく見ると誰かしら何か失ってたり死んでたり不幸な目にあってたりしてて読者はすなおに明るい気持ちになれないからすんげぇモヤっとした気持ちが残る小説だ! なまじっか文体がゆるふわで読みやすいから猶のこと咀嚼する暇が与えられないぞ!

で、具体的にどんなんなん? というトコにいこうと思います。

具体的にはこちら。

艦これ

東方

オリジナル


濃厚な「ゆるふわポジティブメリバ」がお好みの方は、「東方毒殺合同」に寄稿した「毒人形が生まれたのは、」などをご覧ください。
ツイッターでのご意見では「救われない話をゆるふわ文体で書くもんだから催眠術にでもかけられたような妖しい心地になった」(意訳)などございました。ご意見ご感想ありがとうございます。それを目指して書きました(

ゆるふわ文体は僕の特有のものなんですが、大本は「安房直子」「宮沢賢治」などの表現の影響を濃く受けているものと思います。また、言い回しなどはおそらく「京極夏彦」などからも影響があるように思います。

で、表現の手法として、「毒人形が生まれたのは」は、実は「催眠音声作品」のメソッドや語り口調をモチーフにしている部分が多くあります。「催眠音声」ってなに? って方は一度探してみてください。特殊ですよ。

なんで、催眠術にかけられたような心地、という点は非常に的を得た表現に思います。

試しにやってみたメソッドでしたが、楽しかったので今後も使っていきたいところですね。

では体系的にゆるふわポジティブメリバ小説について考えてみます。

まずゆるふわ
ゆるふわ小説といえば、ライトノベルだと「人生。」とか「生徒会の一存」とかがこれに当たるでしょうか。ふわっふわの空気と読みやすい文体。肩肘張らずに気楽に読める、ライトノベルならでは、という感じの空気を形成するものだと思っています。

あ、僕の小説はライトノベルではないですよ。別に中学生~高校生をターゲットにしているわけではないので。
ご存知の方も多いかと思いますが、ラノベって本来は中学生~高校生くらいのティーンエイジャーをターゲットにした娯楽小説なんです。
その意味合いでいえば、漫画の延長であり、どちらかといえば冒険活劇や恋愛モノといった「ダイナミックでセンチメンタルでコミカル」なものが「ラノベらしい」という認識です。
もちろん、「人生。」とかがダイナミックでセンチメンタルかと言われると、うーん、って感じなんですが、あれはどちらかと言えば最近のゆるふわ百合漫画の系譜だと思うので、まぁ「ゆるふわ」の系譜には違いないわけです。

ラノベラノベしてるラノベといえば「灼眼のシャナ」「ゼロの使い魔」とかが有名どころでしょうか。最近のだと「Re:ゼロから始める異世界生活」とかそれっぽいと思います。ハリーポッターもこの系譜ですよね。

ラノベではない、と言っておきながらラノベを引き合いに出したのは、僕の小説とラノベで共通するところがあるからで、それこそが「ゆるふわ」であるということですね。
この場合のゆるふわは「空気を形成する文体」と思ってもらえれば結構です。
ようするに「肩肘張らないで読める、読みやすく、平易な文体」ですね。
これの利点は読者がとっつきやすい、ということに尽きると思います。やりすぎるとバカっぽくなっちゃうんで、その辺賢そうに京極夏彦テイストとか入れたりしてるんですが。

で、次にポジティブ

読んでもらうとけっこうそういう話が多いのに気づくんですが、最近の僕の小説だと8割方「主人公は物語の結果に満足している」んですね。あるいは「自ら進んでその結果に辿り着いた」と。
どうしてこういう話になるのかというと、まぁぶっちゃけ「主人公が目的を果たすのが小説の一番作りやすい形だから」という。身も蓋もないですが。

小説を書いたことのある方はどっかで似たような話を聞いたことがあると思うんですけど、よく小説の書き方!みたいな本に書かれているのは「主人公に欠落を持たせ、それを得る過程を小説として描く」というメソッドがあると思うんです。
僕の最近の傾向はまさにそれですね。主人公が何かしら不十分であって、それを十分にするために奔走すると。
だから前向き(ポジティブ)なわけです。今まで歩いた道のりにないものが後ろ向きに探してもあるわけないので。
まぁ結果として、それを手に入れることで主人公は満足するわけですし、ね? ポジティブでしょ?

このへんについては拙著「カノンと眠れ」「河童が見た星」なんかを見て頂けたら幸いです。


最期に「メリバ

ぶっちゃけ、僕的にはうーん、って感じなんですけどね。読んでいただいた方からよく「救いのないハナシ」「お前またこんな不幸な話を」「この人でなし」とご意見を頂戴するので、「ああ、客観的には不幸なハナシなんだな」と思わなくもないという感じです。
だってさー、主人公が不足したものを得て満足してんだからハッピーエンドじゃん? って僕は思うわけですよ。そしたらマジキチトマトとかが「は? 寝言は寝て言って?」とか言うんですよ。ふざけたおしやがって(

なので、主観的な部分が
「ゆるふわポジティブ」

そして誠に遺憾ながら客観的な部分が
「メリバ」

となるわけです。だから個人的には
「うちの小説はゆるふわポジティブ小説です!」

と言い張りたいんですけどね。なんでやろなぁ……。

以上、つらつらと書いてみましたが、ざっくり傾向はわかっていただけたと思います。

……なに? わからん!?

なら俺の小説を読んで!

以上折草でした。
スポンサーサイト

ヤニカスおじさんやめちくり~

ハァイ
久しぶりの更新はなんのこともない雑記です。俺式です。

最近タバコ吸い始めました。初心者らしく1mmからです。最初はむせました。今はあんまりむせません。

自分は絶対吸うもんかと思ってましたが、なぜか吸い始めました。なぜでしょうか。わかりませんが。

さて、最近リアルが忙しくて息つく間もありません。仕事忙しいんじゃ~。
でもたぶんしあわせだなと思います。いや、幸せなことが見えるようになってきたというか。たぶんだから、幸せなんだと思います。

さて、少ないですが創作の話。

キョーカくんと本を出す予定です。
今年の紅楼夢で、小説本です。
こまちとえーきさまの小説です。たぶん二人とも明るくはなりませんが、良かったら立ち読みくらいしてやってください。

今回小説を書くにあたり自分を見つめています。ただ、反映させるかは別です。物語は物語であるべくして物語のために生まれるわけですから、生む僕の私事が必ず生きるとは限りません。なので必要であれば、自分をネタにしていきたいとは思っています。大好きな小説のことですから。

私事ついでに。

岐阜に旅行にいきました。
下呂温泉最高でした。足湯キモティ~。また行きたいです。誰か一緒に行きましょう。

ごはん最高にうまかったです。


さて、しばらくはものつくりのためになんの面白味もない時期が続きます。皆さんに何か御披露目できる機会もあまりなさそうですが、その分紅楼夢に全力傾けますのでお見捨てなきようお願いします。

以上、また気が向いたときに。でわ。

例大祭行ってまいりました


例大祭お疲れ様でした。今回は久しぶりに一般参加者としてイベントに臨みましたが、実に楽しく、いろんな方々と知り合えた一日でした。

前日の土曜日が仕事で、しかも仕事終わりに半ば強制の飲み会に連れていかれていたので、ややグロッキーな状態で当日の朝を迎えました。
始発に乗らなければ新幹線の時間に間に合わない状況だったのですが、目覚めてみれば始発が出る10分前。
まじで40秒で支度して、実際ニンジャめいた走りを見せることでどうにか事なきを得ました。

そんなこともありながら、どうにか会場にたどり着き、クソアツイ日差しの中、長蛇の列の中でひたすらコピ本をホチキスでとめる作業をしておりました。
開場の合図となる拍手が聞こえたとき、得も言われぬ開放感を感じました。

そんな感じでとりあえず毒殺合同を主催なさった春日傘さんのもとへ行き、売り子をさせていただけることになっていた、てぃえさん(絵師さん)のスペースへ迷子になりながら向かいました。結構長いこと迷子になってしまって、スペースにたどり着くのが遅くなってしまいました。お叱りください。
その後、てぃえさんがあいさつ回りに行かれている間店番をしたのち、もう一つの売り子要請があった久月さんのところへ行きました。
案外にチャラいというか軽いというk(
一番びっくりしたのは足元がお菓子で占領されていたことですかね……。
そこでもそもそお菓子を食べながらしばらく売り子をして、クワガタさん(消しゴムハンコ彫り士)たちといろいろお話をしながら時間をつぶしたのち、僕も挨拶周りに行かせていただきました。
結構いろいろ回らせていただいたのですが、記憶に強く残る出来事をピックアップして書いてみます。

無料頒布ピアノアレンジでおなじみの「永樂通鳳」さんのところを訪ねた時、サークル主の片岡さんが僕のことを覚えてくださってて何か感激しました。ジャケットも最後に見たときと違ってかわいいイラストがついててとっつきやすくなったなと思いました。そのへんのお話も聞けて楽しかったです。

次に、はしやすめに行こうとしてたときに何かやたら押しの強いサークルがいたので、押され負けてCD買っちゃったんですが、そのCDの販促法がものすごくて。
「試聴用のPCが壊れてしまったので視聴(※ここではCDそのものを視て内容を読み取るの意)してください! においを嗅いで!目で見て!それを以て視聴としてください!」
みたいな。
つい買っちゃいましたよね(笑)
このあとしっかり聞いてみようと思います。

音屋島を離れて、絵師島。
もうこのへんになると閉会直前だったんですが、ひyくんが売り子をしているというスペースに行ったときのことでした。
ひyくんとは比較的ふつうに「やあはじめまして」みたいな感じだったんですが、そこにものすごいバイタリティを振りまきながらやってきたお三方がおられまして、聞けばシンさん、ちこさんとそのお子さんということでした。
その名前に聞き覚えがあったというか、TLにめっちゃRTで流れてくるようなひとたちだったので、ビックリしてしまいました。
こういう偶然もあるものだなぁと思いました。息子さんめっちゃかわいかったです……w

閉会後、ハンスさんとそのご友人のリフェさんという方と一緒に飯を食いに行きました。
リフェさんのチョイスで店を決めたんですが、ものすごく雰囲気のいいお店で、ゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。
少人数だからこそああいう空間も実現するのかなとも思います。また一緒に飲みにいきたいものです。
お二方、ありがとうございました。

帰りに職場の同僚に命令されたお土産をしこたま買って帰りました。満足してくれるといいのですが。

以上、簡単ではありましたがレポートを書いてみました。
今回は自分的に昔からの付き合いの人より、新規に知り合いが増えたような気がして、新しい風を感じておりました。
このつながりをよりよい方向に発展させていければなと思います。

どうも皆様、本当にお疲れ様でした。明日は月曜で僕は仕事ですが、思い出を糧に一生懸命頑張っていきたいと思います。
次は夏コミいけたら行きたいですね。
では皆様、次の機会まで。

しゃちく

五時半起きなんですが、例によって寝れないのでブログ書いてます。俺式です。

三月末から独り暮らしを始めて、四月一日から大阪の会社で働かせて頂いてるんですが、正直あらゆる面でしんどくて一週間くらい寝てたいです(
しかし頑張るしかないので頑張ります。趣味を続けるには働くしかないんや……(諦観

とはいえ、会社で社員が自主的にやる勉強会とかは案外楽しくて、やはり知らないことを知るのは楽しいですね。次の勉強会もけっこう楽しみにしています。



趣味の話。

毒殺合同の原稿も提出させていただきまして、あと今のところ予定である合同はラノベ合同だけです。時間もあるのでちょびちょび詰めていきたいと思います。

例大祭には一応参加させていただくつもりでいるんですが、詳しい予定はまだ決まっていません。フォロワさんとこで売り子とかさせていただくかもしれませんが、そうなったらよしなに。
変な仕事が入らなければ行けるんや……。

例大祭には何か持っていきたいんですが、なにぶん仕事を始めたばかりで私生活にあまり余裕がありませんので、もしかしたら手ぶらかもしれません。お許しください。

少しずつ今の生活にも慣れていくと思います。しばらく温かく見守っていただけたら幸いです。



余談。

部屋があらかた片付きまして、生活空間がだいぶ整ってきました。
はじめての独り暮らしで何かと不安も多いんですが、この部屋の臭いや音にも少し慣れてきました。今はそれが救いです。
大阪のひと、よかったら土日とか遊んでやってください。お誘いお待ちしております。

ではまた、いずれ。

やりました。

お久し振りです、先日酔っぱらって「せいめいのち●ぽ」なる迷言を発したところあだ名が「三千円で蹴られるせいめいのちん●」になりました。俺式です。

2月26日に国家試験を受けてきました。緊張からか前日は上手く寝付けず、ホテルの部屋でもがいておりましたが、当日は緊張しながらも自分の精一杯を出すことができました。

しかし、例年と出題形式が大きく変更になったこともあり、相当苦戦しました。初めて見るような内容を問われたり(勉強不足です、お叱りください)、普段なら難なく解ける問題に手が止まったり。やはり慣れないことをするときは普段の倍は心の余裕を持たねばならないと実感しました。

そんな試験でありましたが、終わった当日から自己採点を始めまして、先日学校の方から「マークシートの塗りミスがなければ合格してるでしょう」という判断を頂きました。

十中八九、合格しました。

自分のことをこういう風に語るのはなんなんですが、ほんとに努力しました。
努力が苦手な人間であります。昔から、人一倍努力することが苦手な人間でありました。ですから、勉強というのは昔から本当に嫌いでありました。
そんな僕が、今回人生で一番頑張ったと自己評価しております。
偏に、イベントやオフ会で皆様にお会いしたいがため、皆様に胸を張って作品をお渡ししたいがために、頑張りました。
本当に、皆様の存在あってこそだと思っております。
ありがとうございます、心から感謝します。

春から、大阪で勤めることになりました。初めての独り暮らし、慣れない土地での生活、新社会人と、ハジメテばかりで今から恐ろしいです。同時にワクワクしてもおります。
まだいろいろ準備中ですが、大阪の皆様、何卒よろしくお願いします。

同人活動にもより一層力を注いでいきたいと考えております。できれば東京のイベントにも参加したいと考えておりますので、遠征した際は皆様よろしくお願いします。



同人の話。
今現在制作中のものが以下です。

●毒殺合同原稿
●ラノベ合同原稿
●東方アレンジ

ひとまず最優先で毒殺合同を書いております。春日傘様及び他の参加者様方のご迷惑にならぬよう力の限り書かせていただくつもりです。何卒よろしくお願いします。

また、先日開催された東京秘封イベントでぷわ様主催の秘封先生合同が頒布されました。今後の別イベントでの頒布や書店委託も視野に入れられているということですので、ぜひよろしくお願いします。
読ませていただきましたが素敵な合同誌に仕上がっております。蓮子……ハアッ蓮子ッ……(ウッ




やや長くなりましたが、本日は以上で。本年度ももうすぐ終わりますが、来年度からもよろしくお願いします。


ではまた今度。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。