スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例大祭13について

お疲れさまです、俺式です。

さて、前々より話していた例大祭13ですが、スペースを頂けましたのでご報告致します。

全力お花畑はL42aに配置されました。お隣にははじめましてのサークルさんたちです。視聴とかしてみましたが素敵な曲を作ってらっしゃいましたので、併せてぜひどうぞ。

さて、弊サークルの新譜について簡単なご説明を致します。

今回は音楽サークル「全力お花畑」としての参加です。現在大絶賛作業中のアルバムを一枚、皆様にお届けするべく気張っております。

アルバムタイトルは「and lose again」
直訳すれば「そしてまた失う」
喪失をテーマにした新曲たちを数曲お届けする予定でおります。
まだ作業中ですので確たることは申し上げられませんが、僕の素敵な思い出を曲にしていきたいと思っています。みなさまよろしくお願いします。

さて、私事。
今日デレマスの一番くじを回したらきらりのフィギュアがあたりました。日頃の行いの賜物かと思います。みなさま善行を積みましょう。

以上ご報告です。季節の変わり目ですが皆さま体調など崩されませんようお気をつけ下さい。

では。

花の話

 花

 ダン・M・クライン教授はその花のことをマリアと呼んでいた。私は花の種類について明るくなく、また、詳しく調べようという気も起きなかったものだから、その花がなんという種類で、どういう類のものか全く知らなかった。
 それは、黄色い花だった。細やかな花弁が無数についていて、それを影から支えるガクはどことなく刺々しい。茎は細くたおやかで、葉はセリのように小さいものがたくさんついていた。
 教授が窓を開け、そこから風が緩やかに吹き込んでくると、花はくすぐったそうに揺れたりした。温かな陽光の中で身じろぎするその姿は、何となく金髪の女性が笑顔で彼にじゃれ付いているようにも見えた。
 
 ある日、教授が学会の都合で研究室を空けるとき、私は花の世話を頼まれた。私は安請け合いしたが、彼は至極真剣な表情で花にやる水の量や窓を開けるタイミングや時間など事細かに私に説明した。水の量などメスシリンダーで計量するように言われたくらいで、私はこれを相当不審に感じた。愛情が深すぎるというか、たかだか一輪の花にかける情熱にしては常軌を逸しているように思われてならなかった。それとも、花の愛好家というのはこういうものなのだろうかしらと、彼が残していった懇切丁寧なメモ書きを眺めつつ、辟易とした。
 それでも、一度受けてしまった依頼であったので、私はメモの通りに丁寧に世話をした。水はメスシリンダーで三四mL計って二四秒ずつ間隔をあけて四回に分けて一日二回与えたし、日照量が極端に変化しないように太陽の動きを絶えず気にしてカーテンを開け閉めした。窓を開ける前には必ず花から離れたドアから自分の体を乗り出して、外の風の状況を確認した上で初めて開放するようにした。匂いの強いものを食べるときは花に匂いがつかないよう家の中では食べないようにしたし、水を与えた後にはバッハのフーガを必ず聞かせた。
 教授が学会から帰ってくるまでの三日間、私は本当によくやった。おかげで彼が帰ってきたとき、花は依然として美しく咲いていたし、教授も満面の笑みで私を労ってくれた。礼だと言ってたくさん小遣いもくれた。私も報われたような気がして、その日はぐっすりと眠れたものだった。

 家に私を呼んだ彼が血相を変えて掴み掛ってきたのは、そのさらに三日後のことだった。
「貴様、貴様! 僕の花に何をした!」
 目を充血させて怒鳴る彼に私は目を白黒させて潔白を訴えた。
「何のことですか。私は貴方が残したメモ書き通りに世話をしたんですよ。水の与え方だって窓をあけるときだって、必ずあなたの書いたメモ通りにやりました!」
「嘘をつくな! 僕が言った通りのことだけをやっていれば、僕のマリアがあんな風になることなんてないんだ! 僕の言った通りのことだけしていれば――」
 彼はそこまで怒鳴り散らして、はたと呼吸を止めた。それから、私をゆっくりと解放して、自分の目を左手で覆った。
「アア――、私はなんという失敗を――そうか、きっと――」
 彼はフラフラと近くにあった椅子まで歩み寄ると、糸が切れたマリオネットのように力なく座り込んだ。薬物中毒者のように虚空を見つめて呆けている彼に、まだ動揺したまま私はどうしたのかと訊ねた。すると、彼は覇気のない声でこう言った。
「――あのメモに書いてあること以外に、何かしただろう」
「は? いや、基本的にあれ以外のことは――」
 言いかけて、私ははたと思い出した。そういえば、二日目の夜に音楽を聞かせるとき、丁度自前で買ってきた好きな音楽家のレコードがあったので、フーガを聞かせたあとに私が聞くつもりでそれを流したのだ。そのとき花の近くで聞いていたので、もしかするとこれのことかと思って、私は正直に告白した。
 すると、彼は蹲るように頭を抱えて、呻くように言った。
「それのせいだ。メモ以外のことは何もするなと、メモに書いておけばよかったんだ。
私の花は、私が与える以外の喜びを見つけてしまった。私より君が、より多くの喜びを与えてくれると思ってしまった! 君が私よりも多くのことを彼女にしてしまったせいで! 彼女は私のことを愛してくれなくなってしまったのだ! 彼女は――マリアは、君のようなものの方がいい男だと――」
 そこまで聞いて、私は彼のもとから逃げ出した。狂っていると思った。とんでもない狂人だ。まともに話を聞いてはいけないと直感した。幸い追ってはこなかったので、私はすぐに学長に事の顛末を電話で相談した。学長は話を聞くと明らかに不審そうに教授に会いに行くといって電話を切った。

 結局、学長と私が教授の自殺体を見つけたのは、その約一時間後だった。彼が残した血だまりには、彼の亡骸の他に、割れた花瓶と無残な花が横たわっていた。

ヤニカスおじさんやめちくり~

ハァイ
久しぶりの更新はなんのこともない雑記です。俺式です。

最近タバコ吸い始めました。初心者らしく1mmからです。最初はむせました。今はあんまりむせません。

自分は絶対吸うもんかと思ってましたが、なぜか吸い始めました。なぜでしょうか。わかりませんが。

さて、最近リアルが忙しくて息つく間もありません。仕事忙しいんじゃ~。
でもたぶんしあわせだなと思います。いや、幸せなことが見えるようになってきたというか。たぶんだから、幸せなんだと思います。

さて、少ないですが創作の話。

キョーカくんと本を出す予定です。
今年の紅楼夢で、小説本です。
こまちとえーきさまの小説です。たぶん二人とも明るくはなりませんが、良かったら立ち読みくらいしてやってください。

今回小説を書くにあたり自分を見つめています。ただ、反映させるかは別です。物語は物語であるべくして物語のために生まれるわけですから、生む僕の私事が必ず生きるとは限りません。なので必要であれば、自分をネタにしていきたいとは思っています。大好きな小説のことですから。

私事ついでに。

岐阜に旅行にいきました。
下呂温泉最高でした。足湯キモティ~。また行きたいです。誰か一緒に行きましょう。

ごはん最高にうまかったです。


さて、しばらくはものつくりのためになんの面白味もない時期が続きます。皆さんに何か御披露目できる機会もあまりなさそうですが、その分紅楼夢に全力傾けますのでお見捨てなきようお願いします。

以上、また気が向いたときに。でわ。

例大祭行ってまいりました


例大祭お疲れ様でした。今回は久しぶりに一般参加者としてイベントに臨みましたが、実に楽しく、いろんな方々と知り合えた一日でした。

前日の土曜日が仕事で、しかも仕事終わりに半ば強制の飲み会に連れていかれていたので、ややグロッキーな状態で当日の朝を迎えました。
始発に乗らなければ新幹線の時間に間に合わない状況だったのですが、目覚めてみれば始発が出る10分前。
まじで40秒で支度して、実際ニンジャめいた走りを見せることでどうにか事なきを得ました。

そんなこともありながら、どうにか会場にたどり着き、クソアツイ日差しの中、長蛇の列の中でひたすらコピ本をホチキスでとめる作業をしておりました。
開場の合図となる拍手が聞こえたとき、得も言われぬ開放感を感じました。

そんな感じでとりあえず毒殺合同を主催なさった春日傘さんのもとへ行き、売り子をさせていただけることになっていた、てぃえさん(絵師さん)のスペースへ迷子になりながら向かいました。結構長いこと迷子になってしまって、スペースにたどり着くのが遅くなってしまいました。お叱りください。
その後、てぃえさんがあいさつ回りに行かれている間店番をしたのち、もう一つの売り子要請があった久月さんのところへ行きました。
案外にチャラいというか軽いというk(
一番びっくりしたのは足元がお菓子で占領されていたことですかね……。
そこでもそもそお菓子を食べながらしばらく売り子をして、クワガタさん(消しゴムハンコ彫り士)たちといろいろお話をしながら時間をつぶしたのち、僕も挨拶周りに行かせていただきました。
結構いろいろ回らせていただいたのですが、記憶に強く残る出来事をピックアップして書いてみます。

無料頒布ピアノアレンジでおなじみの「永樂通鳳」さんのところを訪ねた時、サークル主の片岡さんが僕のことを覚えてくださってて何か感激しました。ジャケットも最後に見たときと違ってかわいいイラストがついててとっつきやすくなったなと思いました。そのへんのお話も聞けて楽しかったです。

次に、はしやすめに行こうとしてたときに何かやたら押しの強いサークルがいたので、押され負けてCD買っちゃったんですが、そのCDの販促法がものすごくて。
「試聴用のPCが壊れてしまったので視聴(※ここではCDそのものを視て内容を読み取るの意)してください! においを嗅いで!目で見て!それを以て視聴としてください!」
みたいな。
つい買っちゃいましたよね(笑)
このあとしっかり聞いてみようと思います。

音屋島を離れて、絵師島。
もうこのへんになると閉会直前だったんですが、ひyくんが売り子をしているというスペースに行ったときのことでした。
ひyくんとは比較的ふつうに「やあはじめまして」みたいな感じだったんですが、そこにものすごいバイタリティを振りまきながらやってきたお三方がおられまして、聞けばシンさん、ちこさんとそのお子さんということでした。
その名前に聞き覚えがあったというか、TLにめっちゃRTで流れてくるようなひとたちだったので、ビックリしてしまいました。
こういう偶然もあるものだなぁと思いました。息子さんめっちゃかわいかったです……w

閉会後、ハンスさんとそのご友人のリフェさんという方と一緒に飯を食いに行きました。
リフェさんのチョイスで店を決めたんですが、ものすごく雰囲気のいいお店で、ゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。
少人数だからこそああいう空間も実現するのかなとも思います。また一緒に飲みにいきたいものです。
お二方、ありがとうございました。

帰りに職場の同僚に命令されたお土産をしこたま買って帰りました。満足してくれるといいのですが。

以上、簡単ではありましたがレポートを書いてみました。
今回は自分的に昔からの付き合いの人より、新規に知り合いが増えたような気がして、新しい風を感じておりました。
このつながりをよりよい方向に発展させていければなと思います。

どうも皆様、本当にお疲れ様でした。明日は月曜で僕は仕事ですが、思い出を糧に一生懸命頑張っていきたいと思います。
次は夏コミいけたら行きたいですね。
では皆様、次の機会まで。

しゃちく

五時半起きなんですが、例によって寝れないのでブログ書いてます。俺式です。

三月末から独り暮らしを始めて、四月一日から大阪の会社で働かせて頂いてるんですが、正直あらゆる面でしんどくて一週間くらい寝てたいです(
しかし頑張るしかないので頑張ります。趣味を続けるには働くしかないんや……(諦観

とはいえ、会社で社員が自主的にやる勉強会とかは案外楽しくて、やはり知らないことを知るのは楽しいですね。次の勉強会もけっこう楽しみにしています。



趣味の話。

毒殺合同の原稿も提出させていただきまして、あと今のところ予定である合同はラノベ合同だけです。時間もあるのでちょびちょび詰めていきたいと思います。

例大祭には一応参加させていただくつもりでいるんですが、詳しい予定はまだ決まっていません。フォロワさんとこで売り子とかさせていただくかもしれませんが、そうなったらよしなに。
変な仕事が入らなければ行けるんや……。

例大祭には何か持っていきたいんですが、なにぶん仕事を始めたばかりで私生活にあまり余裕がありませんので、もしかしたら手ぶらかもしれません。お許しください。

少しずつ今の生活にも慣れていくと思います。しばらく温かく見守っていただけたら幸いです。



余談。

部屋があらかた片付きまして、生活空間がだいぶ整ってきました。
はじめての独り暮らしで何かと不安も多いんですが、この部屋の臭いや音にも少し慣れてきました。今はそれが救いです。
大阪のひと、よかったら土日とか遊んでやってください。お誘いお待ちしております。

ではまた、いずれ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。